Welcome to my Blog !!
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
月光の夏
月光の夏月光の夏 1993年 日本 監督: 神山征二郎

出撃前の最後の思い出にピアノを弾き、戦死していった
若き特攻隊員の実話をもとに描くドラマ。
ラジオドラマの構成も書いた毛利恒之の原作(汐文社・刊)
脚本を、「遠き落日」の神山征二郎が監督。goo 映画より

戦争を知らない世代だからこそ観ておきたい一本。
沢山の犠牲の上に今の自分たちの生活は成り立ってるんだと
今更ながら思い知らされます。

 特攻前夜に夜空に向かって「故郷を離るる歌」を歌うシーンでは、涙ボロボロ出ます。

故郷を離るる歌 作詞:吉丸一昌 ドイツ民謡

園の小百合 撫子(なでしこ) 垣根の千草
今日は汝(なれ)をながむる最終(おわり)の日なり
おもえば涙 膝(ひざ)をひたす さらば故郷
さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば    

つくし摘みし 岡辺(おかべ)よ 社(やしろ)の森よ
小鮒釣りし小川よ 柳の土手よ
別るるわれを憐(あわれ)と見よ さらば故郷
さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば

此処に(ここに)立ちて さらばと 別(わかれ)を告げん
山の蔭(かげ)の故郷 静かに眠れ
夕日は落ちて たそがれたり さらば故郷
さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば




cinema21:16comments(2)trackbacks(0)
bot
心理テストでお勧め映画
トラックバックセンターを彷徨いていたら
おえかき上達への道さんで面白そうな心理テストを
紹介されていたので私も便乗してみました。心理テストでお勧め映画を判定!! 

◎私の結果は(新作ビデオ選択時)

ジャンヌ・ダルクジャンヌ・ダルク 1999年 アメリカ映画
監督:リュック・ベッソン 
主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ダスティン・ホフマン

テレビで放映してたんですけど、もっそい眠くて
(疲れててね!映画の所為じゃないですよ)
途中までしか観てなかったんだ。是も何かのご縁?
ですので今度借りてきてちゃんと最後まで観よう。



◎もーいっちょ(ビデオ全般選択時)

ジョー・ブラックをよろしくジョー・ブラックをよろしく 1998年 アメリカ映画
監督:マーティン・ブレスト
主演:ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス

これも観てない!って言い出したら観てない映画のが
多いに決まってるんですけどね・・。
今週の映画占いみたいなのとかもあれば楽しいのになぁ。
今週末は○○を観るとラッキー☆みたいなね。
信じる訳じゃ無いけど、自分の思ってもみなかった映画を
観るきっかけになるかもー。なんて事をちょっと思った。




cinema02:57comments(9)trackbacks(0)
bot
パイレーツ・オブ・カリビアン
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
2003年/アメリカ映画 監督:ゴア・ヴァービンスキー

18世紀のカリブ海を舞台に、海賊たちの
呪いを解く黄金のメダルの「最後の1枚」を
めぐるアクション・アドベンチャー




やっと観れました。随分遅いけど・・。ジョニー・デップ好き!
格好良かったー♪ジョニー・デップファンで無くとも、そうだなぁー
例えば寝る前に読んでもらう絵本とか、若しくはじーちゃんが話し
てくれる面白い話みたいな感覚で最後まで楽しめるかと。
(難しく考えなくても気楽に観られると云う意味です)
呪いを掛けられた海賊達もおどろおどろしく無くて
と云うより寧ろ滑稽でいい味出してくれてましたし
何といってもスパロウ(ジョニー・デップ)が格好いい!
酒ばっかり飲んでて、女癖も悪そうだし、何時も惚けた感じ
なのに戦うと滅茶苦茶強いんですよ!格好良すぎー

他に彼の出演している作品で観たのはー えーと だいぶ前だったからなぁ・・
スリーピー・ホロウとかエルム街の悪夢とか、あとナインスゲートも観たなぁ。
シザーハンズもだ。他にも沢山出演してますからねー

この際、片っ端からジョニー・デップ出てるの観ようかな。
取り敢えず、フロム・ヘルを未だ観ていないので観よう。


cinema00:40comments(3)trackbacks(0)
bot
危険な遊び
危険な遊び危険な遊び THE GOOD SON 1993年アメリカ映画
監督: ジョセフ・ルーベン
出演: マコーレー・カルキン、イライジャ・ウッド

夜中ってふと懐かしい映画やるから目が離せませんよ。
って、偶々テレビ付けたらやってたんですけどもね。
主演見て分かるように、ホーム・アローンで有名な
あのカルキン坊や(今は坊やなんて言えませんが)と
言うまでも有りませんがロード・オブ・ザ・リング
イライジャ・ウッドのまだ あどけない表情がカワイイ!




この作品ではホーム・アローンのプッと吹き出してしまう
ようなあの可愛らしいイタズラとは全く違った背筋がゾッと
するような危険な悪戯をするマコーレー・カルキンが見られます。
随分前の映画なので詳しいストーリーまでは此処で書きませんが
どんな話しなんよ、ソレ。という方は コチラのレビューなどご参考に。
ラストシーンでは究極の選択を迫られた時の母親の行動にちょっとショックでした。
自分ならどうしただろう・・。と
当時観たときのショックと、月日が流れて実際母親の気持ちが分かるようになって
今日新たに観た時のショックの違いに驚いたというのが今日の感想かな。

昔観た映画をまた観てみるというのも、違った角度から観られるように
なっていたり感じ方が違ったりして面白いですよ。

あとー、そうだなぁ・・カルキン君の妹がそっくり過ぎて笑えました。 
今日は偶々見たって事で途中からしか見られなかったから
またレンタルで借りてあの可愛らしい2人を最初から見てみたいなぁ。



cinema04:16comments(3)trackbacks(0)
bot