Welcome to my Blog !!
● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
●お気に入り
●お気に入り
●リンク
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
THE BRAVE
ブレイブブレイブ 1997年/アメリカ

配給 :ギャガ・コミュニケーション
監督 :ジョニー・デップ
出演 :ジョニー・デップ(Raphael)
マーロン・ブランド(McCarthy)
音楽 :イギー・ポップ



Amazon.co.jpレビューより
ネイティブアメリカンの青年が、貧困の末、妻子を守るために、人間の死を撮影するスナッフ・フィルムへの出演を承諾。撮影までの日々を、家族との最後の幸せな日々にしようとする主人公の決心に、胸が痛くなる人間ドラマ。


泣ける・゚・(ノД`)・゚・行かないでーーーーーー!と思いました。
あの親父、金ちらつかせて何かもっともらしい講釈垂れてましたけど!
金やるから死ぬとこ見せてくれって事でしょ。狂ってる・・・。
それでも仕事を受けたのは、今まで家族に何一ついい思いをさせてやれなかった
これからもこのままでは何も残してやる事も、まともに仕事も無いんじゃ
日々の暮らしでさえも続けて行けない ・・。苦渋の判断だったんでしょう。
差別と貧困の中で助けてくれるものは何も無い、自分のこの身体を投げ出してでも
愛する家族や村の皆を守る事で、自分のスピリットを最後に守ろうとしたのかな・・。
最後に神父様の所で告白した時に「神が、教会が、家族に家を与えてくれるのか!」
が胸に刺さりました。きれい事言ってても実際生活して行けない状況なんですよね。
この選択が良かったとか悪かったとか、そんな簡単な問題じゃないなって思いました。
スーパーヒーローが現れて悪者やっつける!なんてラストはあり得ないんですからね。
最後の一週間で子供達や奥さんに愛してるって事を目一杯伝えてるその眼差しや姿に
涙が出ました。ほんの僅かな時間だったけれど、きっと父親の優しさや勇気を
子供達はしっかりと受け継いで大人になってくれるだろうと。

最後に、デップの奥さん役の人羨ましい!代わってーー!と
何度思ったことか。あぁ不純です、ごめんなさい、ごめんなさい。


cinema03:52comments(2)trackbacks(0)
bot
スポンサーサイト


|-|03:52|-|-|
bot
コメント
これ、話はジョニーさんのお兄さんが書いたんだよね、確か。
この映画、切な過ぎるので、のれたもは二度と見たくない訳です。
見たくない度はほたるの墓に張るよ!
| のれたも | 2004/05/19 9:04 AM |

お兄さんも共同で脚本に当たってるんだねー
知らなかった!デップ兄弟凄いや
切ないねー、悲しいよ。この映画
もう観たくないとは思わなかったけど
重いので、続けて観るのはキツイかも。
返す間際にもう一回だけ観ようとは思ってるんです
けどね!火垂の墓も何度観ても泣けるね・゚・(ノД`)・゚・
love | 2004/05/19 9:04 PM |

コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)





bot
この記事のトラックバックURL
http://dejavu.jugem.cc/trackback/76
トラックバック


bot